Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

がに股の治し方と矯正方法

スポンサーリンク

前回は内股歩きについていろいろ書いたので、今度はがに股歩きについて書こうと思います。内股歩きも多いですが、道行く人を見ていると、がに股も意外と多いんだなあと思います。内股ももったいないですが、がに股も本当にもったいないなあと思います。

 

まず、がに股だと何がいけないのか見ていきましょう。

こちらの画像をご覧ください。

f:id:ponzu1211:20141024143809j:plain

これががに股の状態です。

これに線を引いてみました。

f:id:ponzu1211:20141024143830j:plain

内股のほうの記事を見てもらうとわかりますが、今度はつま先側が余計に外側に飛び出ています

そうすると今度はつま先側の重心を支えるため、紫の線の上を体重移動することになり、余計な外側の筋肉が発達してしまうのです。

 

ちなみにオレンジの線は、足の親指とかかとを結んだ線です。

本当はこれが一直線になっていれば正しい歩き方となるのですが、意外とこれをまっっすぐにして歩けている人は少ないものです。

多くの人が内股かがに股で、結果的に脚の外側に負担をかける結果となっているのです。

 

では、これを治すためにはどうすればいいのでしょうか?

がに股になった時と逆のことをすれば、どんどん治っていきます。

がに股になった理由は、がに股で歩くようになったことが大きな原因です。

よっていちばん手っ取り早い治し方は、歩き方を治すことです。

がに股の人は、上の画像のように足を置いていると思います。

それを、このように置くようにしましょう。

(分かりやすいように足を少し離して撮りました)

f:id:ponzu1211:20141024144400j:plain

このように足を置くと、かかと側もつま先側も外側に出ていなくて、余計な負担がどこにもかからないことになります。

まっすぐなので、どちらを支える側の筋肉も発達しないことになり、余計な筋肉を使わないで最低限で歩くことが可能になります。

 

がに股の人も内股の人も、まずは歩き方を治すことから始めましょう。

足をどの向きに置くのか、意識しながら歩いてみるようにしてくださいね♡

 

以下関連記事です。

内股に悩む人はこちらの記事へどうぞ▼

内股の原因は?内股歩きが良くない理由 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

脚痩せの強敵「筋肉太り」解消法 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

床の正しい座り方はあぐら?ぺたんこ座り? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

脚やせする歩き方 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

脚やせダイエット方法★太もも痩せ - 正しい姿勢で脚痩せしよう

ふくらはぎの筋肉を細くする方法 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

納豆で肌がつるつる・美白になりました - 正しい姿勢で脚痩せしよう

正しい座り方・腰が痛くならない座り方について - 正しい姿勢で脚痩せしよう

座ってできるダイエット方法!ありがちだけど一番効果あり - 正しい姿勢で脚痩せしよう

まつげを自力で伸ばす方法【まつげ美容液の使い方・コスパ比較】 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

骨盤の歪みは前後と左右の2種類に分かれる - 正しい姿勢で脚痩せしよう

ブログ初心者なのにアクセス数が1ヶ月で10倍になった理由 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

絆創膏で作る二重のやり方 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

引き寄せの法則で理想の人を引き寄せてみた - 正しい姿勢で脚痩せしよう

FORMEに行ってきた感想・評判 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

肩こり解消運動!『あべこべ体操』で痩せる - 正しい姿勢で脚痩せしよう

何をしても痩せないあなたへ - 正しい姿勢で脚痩せしよう