Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

正しい立ち方でダイエットできる

スポンサーリンク

今回は、壁を使って姿勢を正す方法や注意点を説明しようと思います。

今度写真付きでUPするので、待っていてくださいね!

 

では、順に説明していきます。

実際に立ちあがって、壁を探してやってみてくださいね♡

 

1.かかとを1センチくらい壁から離して壁際に立ちます。

2.骨盤をぐっと後傾させます。

3.後傾させたまま、太ももの前側にきゅっと力を入れて膝をまっすぐにします。

4.両脚を寄せるように内ももに力を入れます。

★この時点で上半身が壁にもたれかかるような感じで後ろにいっていると◎です★

5.骨盤を後傾させたときの力をもう一度入れ直し、体を軽く「く」の字に折り曲げて、折り曲げた背中の1点を壁にくっつけます。

6.壁に背中を沿わせるように、お腹の力を抜かないで背中をぴったり壁につけます。(胸を張る必要はありません)

7.最後に、後頭部を壁につけます。(思った以上に顎を引くことになるのがわかります)

8.その状態で1分程度キープします。背中や後頭部が壁から離れないように、1~8まで力を入れるべきところは力を抜かないように!

 

これをやると、姿勢を正す筋肉が鍛えられます。

よく「壁立ち」と言われる方法がありますが、ただ壁に体を沿わせて立つだけでは効果は期待できません。逆に痩せているタレントやモデルは正しい筋肉の使い方をすでに習得している場合が多いため、なんとなくやる場合でも効果が期待できたりするのです。

写真がないので「どういうこと?」となることも多いと思います(T_T)

近々写真つきでUPします♡

 

とにかく、ただ壁に沿って立つだけでもいろいろな筋肉が使われるということを覚えておいてくださいね♡

 関連記事もご覧ください♡

 

座ってできるダイエット方法!ありがちだけど一番効果あり - 正しい姿勢で脚痩せしよう

女の子座りができない人の脚痩せ法 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

まつげを自力で伸ばす方法【まつげ美容液の使い方・コスパ比較】 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

脚が痩せる歩き方『まっすぐ歩く』ってどういうこと? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

骨盤の歪みは前後と左右の2種類に分かれる - 正しい姿勢で脚痩せしよう

正しい歩き方は『後ろ脚で押し出す』! - 正しい姿勢で脚痩せしよう

ふくらはぎの筋肉が張る原因とは? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

絆創膏で作る二重のやり方 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

かかと重心がうまくいかない人へ - 正しい姿勢で脚痩せしよう

FORMEに行ってきた感想・評判 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

何をしても痩せないあなたへ - 正しい姿勢で脚痩せしよう