Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

正しい座り方・腰が痛くならない座り方について

スポンサーリンク

今まで立ち方とか歩き方とか床の座り方については書いたことがあったけど、

普通の座り方の姿勢などについては(多分)書いていなかったので、

今回書こうと思います♡

 

 

「お腹」で座るようにしよう♡

姿勢というよりは、「何に気を付けて座ればいいか?」ということになります。

姿勢を悪くして座っていると何がいけないか?

それは、股関節に負担がかかるからです。

 

股関節に負担がかかると、股関節の外側の筋肉が使われてしまい、

外側に引っ張られます。

そうすると、骨盤がうまく股関節の上に乗らなくなり、

同時に太ももの内側の筋肉を使えなくなって、外へ外へ力が働くことになります。

 

それ防ぐためには、お腹で座ることが大切になってきます。

だらーっと座っていることの何がいけないかというと、

本来お腹で支えるべき上半身の体重が、すべて股関節にかかってしまった結果、

下半身太りにつながるのです。

 

このような人は、腰骨の下あたりの少しおしり側の筋肉をほぐすと

楽になることが多いです。

 

イメージ的には、外側の筋肉をほぐして、内側の筋肉を使えるようにしていくという感じです♡

 

股関節が痛い、違和感がある、骨盤が広がっている気がする、という人は大抵こういうお腹を使わない座り方をしています。

特に座る時間が多いデスクワークの方などは、これを意識するだけでも腰痛が緩和できたり、楽になったりすることが多いですよ♡

腰と股関節はなぜかとても深い関係で繋がっているので、どちらかをほぐすとどちらかが緩むことが多いです♡

 

座るのが楽になる・座り方矯正グッズ♡

腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVD

自宅で気軽に骨盤運動「下腹スリムスイング」  

正しい姿勢がキープできるクッション

凛と座るを骨盤から考えた美姿勢サポート座椅子

 

関連記事

ぺたんこ座りストレッチの効果 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

床の正しい座り方はあぐら?ぺたんこ座り? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

立ち仕事で痩せる方法は? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

後ろに倒れそうになるのが正解 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

本当に効果があったダイエット本たち【第1弾】 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

骨盤が開くのではなく「股関節」が開く - 正しい姿勢で脚痩せしよう