Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

脚が痩せる歩き方『まっすぐ歩く』ってどういうこと?

スポンサーリンク

こんにちは♡

今回は、歩き方についてまた書こうと思います。

 

「まっすぐ歩く」ってどういうこと?

よく、1本の線を踏むように歩きなさい、なんて言いますよね。

もちろんそれも歩き方矯正のひとつの方法なのですが、

あまり変化がない、特に脚は痩せなかった、という人も多いと思います。

実はわたしもそのひとりでした(T_T)

 

「しっかり頑張ってまっすぐ歩いているのに、何がいけないんだろう?」

と思いながら毎日歩いていて、気が付いたんです!

その気が付いたことについて書いていきますね♡

 

「足」の方向が大事!「つま先」はどこ?

「脚」の運び方だけでなく、「足」を置く方向も大事なんです。

脚は、下半身の脚全体のことです。太ももから下ですね。

足は、ちょうど足首以下の部分を指します。

区別しない場合もあるみたいですが、わたしは区別してここでは書いています。

 

足の置く方向とはどういうことでしょうか?

みなさん、1本の線に足を載せるのはいいけど、そのつま先はどちらを向いていますか?

またこの「つま先」というのが難しいんです。

つま先=親指の先端として考えると、親指の先端が自分から見て90度の方向、つまり「まっすぐ」に伸びていなければならないことになります。

でも、この通りに親指の先端を真正面に向けて足を置くと、外側に微妙に体重がかかることになります。

今、床に足を置いて試してみてください。

どうですか?少し外側を向くような感じになっていると思います。

 

ですから、つま先がどこなのか?からまず考えましょう。

つま先は、親指の先端ではなくて、足の人差し指の先端だと考えてください。

実際は指方向の全体部分をつま先というのでしょうが、

それだけだと説明しにくいので、ここでは「つま先=人差し指の先端」ということにしましょう♡

それではもう一度、床に足を置いてみてください。

今度は親指を真正面に向けるのではなく、人差し指を真正面に向けてください。

そうすると、親指が若干内側に入ったかたちになると思います。

この状態の足の置き方で歩くと、親指に重心がかかって、結果脚の内側が使えることになります。

わたしはずっと、つま先を親指としていたので、いつも若干のがに股になっていたということになります。

まっすぐ歩くとは、「足」の向きも「脚」の向きも、両方まっすぐに置くということなんです\(^o^)/

特に頑張って歩く人ほど、意外と足が外側を向いていたりします。

わたしもそうでした。

足を逆三角形に例えると、(▽←こんな感じ)本当にこのままのかたちで地面に着く感覚です。この逆三角形を保ったまま、歩いてください。

 

もしかしたら、「これって内股になってない?」と思う人もいるかもしれませんが、意外とそれで正解なんです。

ただ、1本線の上を歩くルールは守って、そのうえで足の向きに気を付けてくださいね。1本線から大きく外れてしまうと、それも外側に体重がかかる原因となります。

 

関連記事

関連記事もぜひごらんください!

脚やせする歩き方 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

立ち方を治してから歩き方を治した方がいいの? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

小倉義人『ハビットコントロール・ダイエット』の効果 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

オグラ式ダイエットって?足やせのやり方・効果 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

ヒールで痩せることは可能なの? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

太ももの裏を使って歩くには? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

ヒールで脚やせする方法はあります - 正しい姿勢で脚痩せしよう

脚が細くなる歩き方 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

内股の原因は?内股歩きが良くない理由 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

がに股の治し方・矯正方法 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

最近の脚やせダイエットの経過について【サイズ公開】 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

おしりの筋肉痛は正しく歩けている証拠 - 正しい姿勢で脚痩せしよう