Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

脚やせのための正しい歩き方とは?『後ろ脚で押し出す』のが正解!

スポンサーリンク

脚を「引いて」歩く?

おはようございます♡

今日は本当の正しい歩き方について書こうと思います。

 

みなさんは、歩くってどういうことだと思いますか?

「いや歩くは歩く以上にないでしょ」って思った人が大半だと思います。

じゃあ、歩くときの脚の動きを説明してみてください。

 

「脚を前に前に運んでいくのが歩くってことだよ!」と呆れて答えたあなた!

それは間違いです!

 

物理的に脚を前に運ばないと歩けないよ(T_T)

っていうのは本当だと思います。

 

でもここでは、意識の話をしています。

つまり、物理的には「前に脚を運んでいるように見える」けど、実際の意識では「後ろの脚で押し出す」のが正解なんです。

 

後ろの脚で押し出すとはどういうことでしょうか?

大抵の人は、脚は前に運ぶものと思っています。

でも、それだと太ももの前側が発達しすぎてしまったり、股関節がうまく使えずに下半身太りの一途をたどることになります。

ではここで、後ろ脚で押し出す感覚をみなさんに実際に体験してもらおうと思います!\(^o^)/

 

体験してみよう♡

このやり方は、プライマリーウォーキングというウォーキング方法や小倉義人先生のハビット・コントロールを参考にしたものです。

下にHPなどいろいろ貼っておくので、そちらも参考にしてくださいね!

プライマリーウォーキング指導者協会/ウォーキングスクール・ウォーキング教室・歩き方教室・ウォーキングセミナー・ウォーキング指導員養成

 

プライマリーウォーキングを説明した本です!

小倉義人先生の『ハビット・コントロールダイエット』です!

具体的なやり方

では、順に説明していきます。

 

1.自然に立ってください。そして、脚をぽんと前に蹴るように投げ出してください。ポイントは、膝から下を投げ出すことです。

太ももはほとんど動かさず、力は入れません。

上半身の位置も変えません。

 

ただ右脚か左脚をなんとなく前に蹴り出す感じです。空き缶を軽く蹴るような感覚です(^^)

 

2.そのやる気なく投げ出した脚は、すぐに落ちてきますよね。

落ちた地点に自然に足を降ろしてください。

1→2は一瞬のことなので分かりにくいかもしれませんが、軽く投げ出した脚・足を自然に戻すときに、かかとを軽く床につける意識で戻してください。

かかとが反対の脚よりもほんのちょっと前に出るだけになると思います。

 

つまり、投げ出した脚自体は全然遠くにいかず、本当にただ投げ出しただけとなるということです。

「脚を前に運ばなければ」と思う人ほど前に置きたくなるかもしれませんが、あくまでも自然に。小股でまったく問題ありません。

 

3.かかとがついたところから、つま先に重心を移していきます。その際に、前脚ではなく後ろ脚を意識してください。意識するだけで十分です。「後ろ脚を使って、前足のかかとからつま先に体重を移すんだ」という意識でいてください。

 

後ろ脚で押し出す感覚になれば成功です。前脚を動かすという意識は捨ててください。最初に投げ出した脚はほんのちょっと前に出しただけなのに、後ろ脚で押し出すと結構前に進んだ感じがしませんか?

 

「あ!今後ろ脚で進めたかも!」とちょっとでもいいから感覚がつかめると、それをくりかえすことで太ももの裏が使えるようになってきます♡

ぜひ試してみてくださいね!

 

関連記事

 「歩き方」に関連する記事を載せました。

ぜひご覧ください( ´ ▽ ` )

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com