Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

あなたの就職活動がうまくいかない理由は、就活のシステムでもなくあなたの能力でもない

スポンサーリンク

こんにちは!

今日は、就職活動がなかなかうまくいかない理由について書こうと思います。

 

就活性のみなさん、また転職活動中の方など、いろいろな方がいらっしゃると思います。転職活動中の方は、今までこういう仕事をしてきたけど、これからはこういう仕事でキャリアを積んでいきたい!という思いがあることが多いような気がします。

でも、学生の方は大抵就業経験がありません。アルバイトならなんとなく興味がある、家に近かった、面白そうという理由でわりと気軽に働き始めることができますが、正社員として本格的に働くとなるとまた違うものがあります。

学生の方ははじめての職探しとなるわけです。

 

よくテレビなどでもやっていますが、学生が一生懸命どこかの広い会場で行われる合同説明会に参加したり、なかなかうまくいかなくて暗い顔をしていたり、妙に張り切った学生がいたり、もうだめだと自殺していたり、、、

就職活動が及ぼす影響は大きなものがあります。

特に自殺などといった問題は尽きません。

どうしてでしょうか?

 

わたしも学生時代一生懸命説明会に行って、スーツを来て、ヒールでいろいろな場所に行き、人事の人に丁寧すぎるくらい丁寧に対応して、なんだか自分が自分でないような感じでした。

今思えば自分に自信がなくて、「雇ってもらう」感じでペコペコしていました。

そして面接では感じの悪いおじさんが頬杖をついて全然話も聞いていなくて、どこか遠い方を見てだるい感じにしていたり、人事の若い人に自分の話をすべて否定されたり、自分の存在すべてを全否定されているような思いを何度も何度もしました。

わたしは実家暮らしなこともあり、家に帰れば家族が励ましてくれていましたが、それでも精神状態はあまり良いものではありませんでした。

 

どうすればそのような思いをしなくて済むのでしょうか?

そうした思いをする経験がなくならなければ、就職活動に関する問題はなくならないと思います。

そのような思いをしないためには、こちら側が「選ぶ」意識を強く持つことです。

面接官も、「どこでもいいから」と言ってやってくる学生はすぐ見抜きます。

実はわたしも一度某メーカーに就職した際に人事に配属され、採用する側にまわってみた時色々な話を聞く機会があったり、学生から質問をされたりしました。

そうして立場が変わると、見えてくるものがたくさんありました。

要は、お互いがお互いに「選ぶ」意識で一致したら内定、という風にしないと、会社側もどうしてうちに来たの?となりますし、会社は一方的に選ぶのでなく、学生側にもきちんと説得力のある理由で選んでもらいたいのです。

学生側も選ぶ意識を持っていれば、たとえ選考から漏れても「ここは自分とは意見が合わなかったんだな」と納得することができます。

それがないと、一方的に否定された気分になってしまうのです。

感じの悪い面接官や、何この会社?と思ったらへりくだるのではなく、こちらから切ってしまえばいいのです。

それでも何かしら理由があって入りたい会社なら我慢すればいいし、そうでないなら辞めればいいのです。

わたしは感じの悪い面接官のところでも最初頑張っていましたが、だんだんイライラしてきて辞退していました(笑)

就活だから我慢するのではなく、人が人を見る場面で相手も努力してこちらを見ようとしないのはおかしい、とわたしは思っていたのでそうしました。

何かしらの自分なりの根拠や自信があれば、それを信じてまわりを冷静に判断する必要があります。

 

そして、「そんな自信なんて持てないよ」という人もいると思います。

やりたいことがないから、どこでもいいという人もいます。

でも、やりたいことがないならないなりに、何かを考える必要があります。

具体的にこの仕事をしたい!というのが無いのなら、こういう生き方をしたい、こんな人になりたい、というのがあるから、そこから遡ったら御社でした、という言い方をすればいいんです。ここがいわゆる自己分析ですね。

 

でも、できればやりたいことがあった方が、就職活動も格段にうまくいくようになります。

自分が昔から好きだったこと、興味があったことに関連して考えるのが、わたしはいちばんだと思います。

仕事と趣味は一緒にしない方がいいという人もいますが、今のところわたしのまわりでそれでうまくいってない人はいません。

「仕事と趣味は一緒にしない方がいい」というよりは、「自分がその好きなサービスや商品を提供する側にいって楽しいと思えないならやめた方がいい」ということです。

基本的にその商品やサービスの良いところ、素敵なところを知っている人は、それを他の人にも知ってもらいたいと思うものです。

だから、わたしは仕事と趣味を一緒にすることには賛成です。

 

就職活動は、自分の好きなもの探しといってもいいと思います。

好きなこと・もの、向かいたい方向を決めれば、必ず就職先は見つかります。

好きなことやものに対しては、自分なりの好きな理由が何かしらあると思います。

それをうまく説明できれば、会社側へ伝える時に説得力が増します。

 

タイトルに、能力は関係ないと書きましたが、これは本当です。

学力テストなら別ですが、今まで何をしてきましたか?どのようなことができますか?長所は?という部分は、いくらでも作れます。

不自然でなければ、そして将来的にそうなれたらいいなと自分が思えることであれば、どんどん盛り込んでいいんです。

それは悪く言えばウソですが、ウソを全くついていない就活生っているのかな?とわたしは思います。

自分をよく見せたいあまりに「それほんとなの?」と思われてしまったらダメですが、相手は自分のことを何も知りません。

履歴書とエントリーシートしか、あなたに関する情報はありません。

あなたの本当の部分とこうなりたいという理想の部分を織り交ぜてしまっていいんです。理想の部分を本当のように書くことで、いつのまにか本当にそうなっていることもあります。

 

支離滅裂になってしまいましたが、「選ぶ」意識を持って堂々とすること、自分の好きなこと・やりたいことに関連して根拠を見つけること、好きなことがなければ探すか、生き方や暮らし方まで幅を広げて仕事を考えること。

これらが大事です。特に選ぶ意識は絶対になくさないでください。

自分が崩れてしまいます。自分を否定する面接官が絶対的に正しいわけではないんです。あなたの側からもしっかり面接してください。

 

自分に嘘をつかず、本当にやりたいことを見つけてくださいね!

就活性のみなさん、頑張ってください!

 

この時期になって去年の自分の就活を思い出して、書いてみました。

 

他の記事もぜひご覧ください。

 

 

引き寄せの法則で理想の彼氏ができた - 正しい姿勢で脚痩せしよう

背中や腰のコリはテニスボールでほぐすことができる - 正しい姿勢で脚痩せしよう

骨盤前傾・反り腰を治そうとしても痩せない人へ - 正しい姿勢で脚痩せしよう

23歳になりました - 正しい姿勢で脚痩せしよう

ぴょんぴょんはねる髪を抑えるのにあれが使える! - 正しい姿勢で脚痩せしよう

膝を伸ばして歩く?膝を曲げて歩く? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

あけましておめでとうございます! - 正しい姿勢で脚痩せしよう

くるりんぱのヘアアレンジが可愛すぎる♡ - 正しい姿勢で脚痩せしよう

整体院を開業するには鍼灸師や柔道整復師などの国家資格は必要か? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

呼吸の仕方(胸郭呼吸)と下着・ブラの締め付けの関係 - 正しい姿勢で脚痩せしよう