Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

下手な美容師に当たって思ったこと

スポンサーリンク

こんばんは(^^)

今回は下手な美容師に当たって思ったことを書きたいと思います。

 

技術と接客のバランス

今日、久々に美容院に行ってきました。

わたしがいつも行っている美容院はスタッフ数が少なく、2~3人のスタッフがいて2人のアシスタントがいます。

みんなうまいし感じが良いので、長年通っているにも関わらず指名したことはありませんでした。

 

でも今日、たまたま1人のスタッフさんが産休で、違う方がいたんです。

 

で、「今日は新しい人かあ」と思って、でもなんとなく、本当になんとなくですけど最初に「あれ?」って感じがしたんです。

「この人に任せて大丈夫かな」と直感的に思ったのですが、終わってみて、その予感は的中していたことが分かりました。

明らかに慣れていないし、カットが下手。

髪色も「暗い茶色」って言ったのに真っ黒。

軽くしてとは言ったけど「どうですか?」と聞いてきた頃にはスカスカ…

ただ、そういうのはまだ平気なんです。

嫌ですけど、指名しなかったわたしも悪いし、慣れていないのも下手なのもわたしの今の新しい仕事での状態と一緒だから、責める気持ちにはなれませんでした。

でも、とにかく接客がひどい

会話は知り合いの変な?美容師の悪口が多く、わたしのカルテにこう書いてあったとわざわざ話してきたり、しまいには前髪をくるくるにされて、「めっちゃ浮いちゃった笑」と言っていたり…

最後は自分でドライヤーとアイロンで直してました。

初対面なのにいきなりタメ口なのも「?」となりました。

髪って失敗されてすぐもとに戻るものでもないけど、まあ数か月我慢すればいいと考えればまだ良いんです。

でも、接客だけはどうにかしてほしいです。

技術面でがっかりさせるのはまだ仕方ないとしても、接客面でがっかりさせるのだけはやめてほしいと感じました。

 

「人のふり見て我がふり直せ」

今回こういう美容師に当たったのは、理由があると思っています。

わたしは整体師へ転職してまだ1か月も経っていないのですが、

おそらく患者さんから見るとこういう風に見えているのではと考えました。

会話ではマイナスなことを話さないようにする・人の話避けるというのは普段から気を付けているのでこの人のようにはなっていないと思いたいですが、慣れていない人ってすぐ分かるなと思いました。

美容師も整体師も人の体に触る仕事なので、お客様や患者さん、特にいろいろなお店に行った経験がある人はすぐ肌に触れられた感覚で分かります。

「あ この人慣れてないな」と、どんなに頑張っても分かられてしまいます。

そういうことを、今回当たった美容師を通して教えられたような気がしました。

お金を払ってもらって、わざわざお店まで来てもらって施術をするのですから、そこには「来てよかった」という気持ちが生まれないといけないはずなんです。

もちろん万人にそう思ってもらえるとは思いませんが、100人いたら99人にはそう思ってほしいです。

わたしのような経験の浅い人がなんとなくの感覚で人の体を触っていいとは思いません。

そのためにも、しっかり勉強して、練習して、高い技術と接客力を一刻も早く身に着けなければと身が引き締まる思いでした。

だから帰り道は、「はあ…髪型ダサくなった…ショック」という気持ちよりも、「自分がああいう技術や接客を受けたら嫌だ。あんな風になりたくない」という気持ちの方が強く、モチベーションが上がりました。笑

これはこれで良かったかなと思います(^^)

しかも勤め始めてこのタイミングでこれか!と思ったので、まさに「気を付けて」という警告を神様から受けたような感覚になりました。

働く日も、お休みの日も、日々勉強です。

患者さんに「治った!」「良くなったよ!」「すごい!」と言ってもらえる治療家を目指します。

 

関連記事

わたしが新卒半年で会社を辞めた理由 - 正しい姿勢で脚痩せしよう

OL辞めて整体師になる - 正しい姿勢で脚痩せしよう

23歳になりました - 正しい姿勢で脚痩せしよう

整体院を開業するには鍼灸師や柔道整復師などの国家資格は必要か? - 正しい姿勢で脚痩せしよう

触診を究めたいならこれ!『ボディ・ナビゲーション』を買ってみた【約75%のマッサージ学校が教科書として採用】 - 正しい姿勢で脚痩せしよう