Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

痩せる!正しい立ち方〇腰の位置に気を付ける&力ゼロ

スポンサーリンク

 

こんにちは(^^)

今回は正しい立ち方について書きます!

何度か書いてきましたが、大切な基本なのでどんどんまとめ直していきます。

同じようなことでも言葉を変えたらわかった!ってこともあるので(^^)

また説明していきます。

 

 

最重要項目は『腰の位置』

誰でも姿勢の癖はあります。

習慣となっているものはすべてそうですが、習慣になるとそれが「普通」だと思ってしまうのが厄介です。

姿勢も、脳がそれが正しい状態だと思ってしまっているので、その感覚から変えていかなければいけません。

 

その中でも難しいのが、腰の位置です。

大抵の人は腰が前に出ています。

これは猫背の人も反り腰の人もみんなそうです。

 

腰が前に出ると、腰後ろのカーブしているところがキュッと縮みます。

それを広げるように立つのが目標です。

腰の位置が前に来ることによって、背骨がつぶれているんです。

 

感覚が身につくまでは難しいけど、やり方自体は簡単です。

立った状態から、腰を後ろに引くだけです。

「く」の字を作るイメージで、腰を引きます。

そして上半身は前に、胸は張らないようにします。

 

なんか良い方法とか説明ないかな~と探していたところ、YURUKUウォーク(元Noriko式ウォーキング)のブログでほとんど同じようなことが書かれていたので、こちらも参考にしてみてください(^^)

とても分かりやすく書いてくれています。

 

力はいれない

痩せよう!と思うと頑張ろう!と思うのか、わたしも含め多くの人が体を緊張させがちだと思います。

まずはそこから変えていきましょう。

力は要りません。

実際わたしが痩せていた時は、どこにも力を入れないで歩いたり走ったりしていました。

本来それが正解なのだと思います。

力を抜くことが分かってくると、必要な筋肉だけが自然に発達していきます。

その状態を目指して、とにかく力を抜く!緊張させない!と決めて動くようにしてみてください♩

 

正しい立ち方まとめ

・腰の位置を後ろに引く

・力を抜く

この2つに気を付けてやってみてください。

腰の位置は思ったより後ろです。

腰の位置が前に来ると大体の人は太ももの前側が張ります。

太ももの前側が張っていると思う人は、その張りがなくなるところまで後ろに引いてください。

腰は後ろ!力は要らない!です\(^o^)/

 

関連記事

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com