読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

モデル体型になりたい!具体的な方法【いちばんのポイントは肩甲骨】

スポンサーリンク

 

こんにちは(^^)

今回は肩甲骨について書きます。

モデルさんなどものすごくスタイルが良くてスリムな人のいちばんの特徴は、肩甲骨です。

わたしはいつも好きなモデルの写真や雑誌を眺めたりしていて、気が付いたことがありました。

前にも似たようなことを書いたのですが、大事だなと思ったのでもう一回書きます!

 

肩甲骨が後ろに入っている

モデル体型と一般体型のいちばんの違いは、『肩甲骨』にあります。

下の写真を見て下さい。

f:id:ponzu1211:20150425073157j:plain

 河北麻友子ちゃん、すっごく細くて拒食症?なんて言われたりしていますよね。

でもテレビで見る限りとても元気いっぱいだし、健康そうだなとわたしは思います。

彼女はもう完全な痩せ体質で、なかなか太らない体を持っているのです。

そしてこの痩せ体質は、誰でも手に入れられます(^^)

彼女の肩甲骨が後ろに下がって、肩も体の後ろ側にあるのが分かりますか?

これは無理やり後ろに引っ張っているのではなくて、自然にこうなっているんです。

次に、別の方の写真です。

f:id:ponzu1211:20150425073200j:plain

富永愛さんもとっても細くてかっこいい体型をしているなあと思います。

そして彼女も、肩甲骨が後ろに下がって肩も体の後ろ側にあります。

なかなかこの体勢を取れと言われても、きついのではないのでしょうか?

彼女も無理して肩甲骨を後ろに引っ張って…とやっているのではなく、自然なポーズでこうなっています。

つまり、2人とも肩甲骨が後ろに入って寄って、肩も体の後ろ側に来ているのが共通しています。

自然な状態で、頑張らなくても「姿勢がいい」のです。

肩甲骨と骨盤は連動しているので、肩甲骨の位置に注目するだけでも全身の体型は変わっていきます。

 

無理矢理肩甲骨を寄せても意味がない

こう聞くとよくやるのが、「無理やり肩甲骨を寄せること」です。

頑張って肩甲骨を寄せて、その姿勢をキープし続けることってできますか?

たぶん、疲れてくると思います。

良い姿勢の方が疲れないと言いますが、良い姿勢が苦痛なのにそれを続けていても意味がありません。

苦痛なものは苦痛でしかないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

肩甲骨を寄せないといけないのに、無理やり寄せちゃだめならどうするの?と思いますよね。

それなら、無理やり寄せなければいいんです。

肩甲骨の位置が「自然と」正されていくようにすればいいのです。

 

筋肉を緩める

このブログでもたびたび言ってきていることですが、筋肉がかたまっているのにそれを力ずくで動かそうとしたら、筋肉を傷つけてしまいます。

小さな断裂を起こして、さらにかたくなってしまうのです。

それを防ぐためには、筋肉を緩めることが必要です。

かたまっている筋肉を緩めることで動くようになり、骨が本来の位置におさまっていくのが理想です。

肩甲骨まわりの筋肉も、無理やり動かすのではなく緩めていくことで無理なく正しい位置におさまっていきます。

緩める方法でいちばんのおすすめは、耳たぶ回しです。

一度しっかりやっていたにも関わらず、一部のやり方が間違っていたために効果を感じられずやめてしまいました。

でもきっかけがあってもう一度始めてみてコツを自分なりに考えてやったら、肩甲骨がどんどん内側に入っていったんです。

最初に立った時と、終わった後の立った感覚が違います。

肩が明らかに後ろにあるんです。

f:id:ponzu1211:20150425074923j:plain

わたしの大好きなモデル、出岡美咲ちゃんのスタイルブックの写真です。

まっすぐ立っているのに、肩がかなり後ろに来ているのが分かりますか?

わたしがこの姿勢を取ろうとすると、絶対無理なんです。

肩が全然動かない(T_T)でも耳たぶ回しをやった後に鏡を見ると、肩が後ろに移動したかのようになるんです。

耳たぶ回しは、さとう式リンパケアの基本です。

基本がうまくできると、他の体操もどんどん効果が出て来ると思うので、ぜひ一度しっかりやってみてください。

また別の記事で、耳たぶ回しのコツなどを書いていきたいと思います。

わたしは何か一つのこと(たとえば逆上がりとか自転車笑)がうまくできないと、ずっとそれができるまで執着するタイプなので、耳たぶ回しもコツがつかめるまで何度もやりました。

このコツを守れば絶対に効果は出るので、ぜひ試してみてください!

わたしは動画と本を参考にしてやりました。

動画でさらっと見てやってみて、細かい説明や知識などを本で補っていくと良いと思います。

もう一度言いますが、無理やり肩甲骨を寄せても意味がありません。

大抵の人は、わたしも含め肩甲骨まわりの筋肉ががちがちです。

柔らかい人は無理やり寄せても効果は出ます。

でもそうじゃない人は痛めてしまうので、緩めて緩めて自然に肩が開くようにしていってくださいね\(^o^)/

 

動画はこちらです。


耳たぶ回しリンパケア2013-9-18北海道リンパケア倶楽部 - YouTube


リンパケアによる小顔&リフトアップの効果 顔半面比較 - YouTube


耳たぶ回し基本 - YouTube


耳たぶ回しリンパケア 肩こり解消・小顔~アゴをゆるめれば健康になる!~ - YouTube

 

わたしが持っている本はこちらです(^^)

どちらも解説が丁寧でおすすめです!

初めて読むならさとう式リンパケアの理論なども書いてある上の方を見てみて、それから下の巻き肩の方も取り入れていくと良いと思います。

 

スタイルが「自然と」整っていく

ダイエットというと、頑張って頑張って頑張って、その先にやっと理想の体型を手に入れられる!というイメージが強いのですが、そうではないと思っています。

ちょっとしたコツで痩せ体質を手に入れられるかそうでないかが決まるのです。

だからみんな気が付かないし、頑張らなければいけないと思ってしまう。

本当はちょっとした違いなのに、そこに気が付かないから違う方向に頑張ってしまったりして結局壁を越えられなくて諦めてしまうんです。

頑張って頑張って維持した体は素敵かもしれないけど、いつかぷつんと糸が切れてしまいます。

そうならないためにも、もっと良い状態が自然になるように、自然になるように調整していくやり方の方が良いのではないかと考えます。

今ひたすらダイエットを頑張っている人は、もしかしたら逆の方向に進んでいるかもしれません。

頑張らないで、苦痛を感じないで自然とスタイルが良くなることは可能です。

わたしが一貫しておすすめし続けるこの方法、試さないと損です!

また変化があったら載せるので、一緒に頑張りましょう~\(^o^)/♡

 

関連記事

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com