読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

「頑張っているのに痩せない」のはどうして?

スポンサーリンク

 

こんにちは♩

今回は、頑張っているのに痩せない理由についてお話したいと思います。

 

 

一生懸命頑張ってる!!のに?

このブログに、「頑張ってる 痩せない」「何しても痩せない」というキーワードでやってくる方は多いです。

それを見るたび、ギュッと苦しくなるような悲しくなるような、気持ちが痛いほど分かるためにどうにかしたい!!と思います。

 

わたしも、一生懸命1日中ダイエットのことを考えて考えて、体のことだけ考えて過ごしていた時がありました。

今も体のことは起きている時はほぼ考えていますが(笑)、今とはちょっと状況が違います。

その時は、頑張って頑張って頑張って、苦しんでいました。

頑張れば頑張るほど焦りが出て、体に良い変化は無いばかりか、むしろその逆方向に向かっていました。

そんな時、いつも思っていたのは「頑張っているのに痩せない。細くならない。どうして?」ということです。

 

でも今は、この言葉自体おかしいことが分かります。

頑張っているのに痩せないのではありません。

頑張っている「から」痩せないのです。

 

頑張れば頑張るほど、ストレスが出てきます。

頑張るのが楽しいなら良いですが、食事制限をしたり辛い運動をしたり、ダイエットを始めて体の変化が出ていないのに「楽しい」と思うのは難しいと思います。

変化が出ればそれを糧とすることができますが、当時のわたしはストレスだけがたまり、スタイルの良い細い体とはほど遠いところにいました。

ストレスを感じていれば、ダイエットは成功しません。

頑張っているのに痩せないという人は、「努力」にがんじがらめにされて、苦しんでいるのです。

 

努力ではなく工夫を大切に

わたしが担当する患者さんにもよく言います。

「筋トレやストレッチ、運動はしなくていいです。頑張らないでください」と、特に美容目的の人には口うるさく言っています。(笑)

大抵の人は「えっ!!いいんですか?」と少し不安げに聞き返してきます。

 

大切なのは、努力すること・がむしゃらに頑張ることではなくて、「工夫すること」なのです。

ただ間違った方向に向かって努力しても、それは遠回りです。

下手したら「頑張ってるんだから、これほど苦しんでるんだから痩せさせて」と言っていることになりかねません。

ダイエットも勉強と同じで、工夫しながらストレスなしで行うことが大事です。

ただがむしゃらに筋トレや運動や食事制限をするダイエットは、文系の大学受験をするのに数学や理科などの使わない科目を勉強しまくっているようなものです。

 

具体的な方法

まずは、頑張ることがいいという幻想から抜け出しましょう。

好きで運動したりするなら別ですが、そうでないならやめましょう。

姿勢、立ち方、歩き方、座り方を工夫して、いつも言っているような筋肉を緩めることをメインとすれば、体は勝手に変わっていきます。

あなたの体が今太っているとすれば、それは1日2日で作られたものではないので、同じように1日2日でモデルのようなスタイルを手に入れることは不可能です。

でも、長い目で見れば十分可能です。

誰でもなろうと思えばモデルくらいのスタイルには絶対なれます。

自分の理想とする体型になった時を思い描いて、ワクワクしたりするのが大事です。

 

頑張らなくても、努力しなくても、少しの工夫で体は変わっていきます。

今まで苦しんできた人も、大丈夫です。

「頑張らなくていい」と分かったら、ほっとして、ゆっくり休んで、頑張らない方法を自分のものにしていって下さい(^^)

 

関連記事

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com