読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

さとう式リンパケアの腕回しのコツ!

スポンサーリンク

 

脱力が最優先

さとう式リンパケアでは、力を入れる、鍛える、ということをしません。
力を抜く、緩めるというのが大切になってきます。
 
その中で代表的なものが耳たぶ回しですが、この行程の中にある腕回しで力が入ってしまう人が多いです。

 

わたし自身もかなり緊張しやすいタイプなので、うまくいかないことが何度かありました。
そこで気付いた腕回しの注意点をいくつか書いておこうと思います。

 

肩が上がらないところでストップ

どういうことか説明します。
よく本に書いてあるような位置まで腕を上げると、多くの人が腕の疲れを感じると思います。
それは、肩から腕にかけての筋肉が固まっているため、緩まずに肩も一緒に上がってきてしまうということです。
 
だから、肩がぐっと上がってしまわないところで上げるのをストップさせます。
わたしは固いので、ほとんど腕を上げません。
上げると疲れてしまいます。
 
腕が疲れる人は、まず肩も一緒に上がっていないか確認してみてください。
 

背中を意識できているか?

わたしは、たぶん耳から指先までの繋がりはうまく意識できていました。
でも広背筋をはじめとした背中への意識が薄れていました。
 
背中も軽く動かすようなつもりで、腕を回すようにしましょう。
そのために「顔を上に向ける」という動作があります。
胸を張るのではなく、顔を上に向けて背中を意識しやすいようにしてみると、効果がUPすると思います。
 

反り腰にならないように注意

背中への意識の話と似ているのですが、あまり意識しすぎると頑張ってしまって反り腰を引き起こしてしまいます。
やっていたら腰が痛くなったという方はこの可能性が高いです。
 
反らずに、顔を軽く上に向けるだけにしましょう。
腰に力が入っていないか、確認してみてください。
 

手をぎゅっと握り締めない

指に力が入っていることで、思いの外広範囲に影響を及ぼします。
ぐっと握り拳を作ってしまっている人は、ふっと手を解放してあげてください。
 
感覚がわからない人は、手首をぷらぷらさせたり、一度ぎゅっと握りしめてからふっと力を抜くと良いです。
耳から指先まで、完全に脱力しましょう。
 

まとめ

意識すべきところは意識しながら、力を抜くのが重要です。
でもはじめからこんな風にいろいろと言われてからやると疲れてしまうと思うので、まずは素直にてきとうにゆるくやってみて、それでうまくいかなかったら参考にしてみてください( ´ ▽ ` )
 

関連記事

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com