Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

脚を細くする歩き方の考察【ナンバ歩き・つま先着地】

スポンサーリンク

 

歩き方について考えてみた

さとう式リンパケアをひたすら続けているわたしですが、どうも脚の変化が遅いなと気になっています。

口腔→胸腔→腹腔と広がっていくので脚の変化が遅いのは仕方ないのですが、もう少し何か工夫してみたいと思い、最近いろいろ考えていました。

 

さとう式リンパケアの本では歩き方に触れているのはほんのちょっとなのですが、そこに書いてあることをヒントにしてみました。

・脚をあまり上げない

・耳から歩く

・肩をひねらない

・膝を曲げすぎない

これらのことを参考にして、もう少し詳しく書いていこうと思います。

 

 

「ナンバ歩き」が大きなヒント

ナンバ歩きと聞くと思い浮かぶのは、両手両足を同時に出す歩き方だと思います。

でもナンバ歩きのいちばん大事なところは、「体をひねらない」ということです。

両手両足を同時に出すことが重要なわけではないのです。

体をひねらないと、余計な負担がかからず速く長く歩けるようになります。

参考記事をいくつか載せておきます。

matome.naver.jp

plaza.rakuten.co.jp

この「かかと着地をやめたら」の記事が特に衝撃でした。

「あれ?痩せるための正しいウォーキングってかかと着地じゃないの?」と思いました。

でもナンバ歩きは疲れないし体に良いと言います。

じゃあかかと着地っていうのは嘘だったの?と次々に疑問が湧いてきました。

今までも、常識が非常識で、非常識が常識だったことが何度もあったので、絶対だと思っていたかかと着地への信頼を一度白紙にして、自分で試してみようと決めました。

 

ほんの少しの違いが怖い

さきほども書いた通り、わたしは自分の歩き方が脚痩せの邪魔をしているのをずっと疑っていました。

そして今回試して、やっぱりそうだったんだと納得しました。

 

ここ数日試している歩き方を具体的に書いてみます(^^)

・つま先から着地するつもりで歩く

(実際にはかかと着地だけど、意識はつま先本当につま先着地にすると、ぴょんぴょん上下に揺れるように歩いてしまうから注意)

・上半身を後ろに持ってこようとしない。むしろ前傾姿勢をイメージただし、肩まで前に行かないように注意。巻き肩のケアをやっていると自然と肩は後ろにいくはず。

・どんどん前に進むように歩く。

 

最後の「どんどん前に進むように歩く」というのは、上のふたつをやっていると自然とそうなってきます。

男の人って歩くのがものすごく速かったりしますよね?

そして脚がキレイだったりします。

男の人はヒールを履かないこともあって、歩き方が崩れにくいのだと考えられます。

 

この歩き方は、大転子がぽこっと出てしまっている人にもとても効果があります。

わたしは特に出ている方なのですが、この歩き方だと外側に体重がかからず少しずつ内側に入ってきている感があります。

今ふと書きましたが、わたしはいつも日中過ごしていると「外側重心になっているなあ」と思うことがよくあるんです。

でもそれって自分の意思で変えられるものではなくて、たとえば足首をちょっと曲げて無理やり内側重心にしたところで何の意味もないわけです。

体全体のバランスが変わらないと、新たな歪みが生じる可能性さえあります。

だから、無理やり足首を傾けたり膝をくっつけようとするのはやめてくださいね\(^o^)/

この歩き方だと、だんだん勝手に内側重心になっているのが分かります

 

注意すべきこと

まず、巻き肩を改善するのは前提です。

この歩き方は思ったより前傾姿勢になるので、同時に肩も入ってしまいがちになるかと思います。

併せて巻き肩改善も行っていくことをおすすめします。

また、効果がない、むしろ脚が太くなったということであれば、何かしらやり方が間違っています。

逆にうまくできていれば、数日しないうちに変化が出てきます。

他の人から見てもわからないかもしれませんが、脚の疲労度の変化、太さの変化は自分で見てわかる程度ならすぐに出て来るので、しっかり観察するようにしてみてください。

 

まとめ

歩き方って、傍から見てなかなかアドバイスしにくいものだと思います。

感覚を言葉で伝えるのはとても難しいですが、この方法は良い!と思ったらできる限り細かく言葉にしてみなさんに伝えていきたいと思っているので、よろしくお願いします♩

わかりにくいところがあったらどんどん質問してください!

いつでもコメントお待ちしています(^^)

 

関連記事

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com

onigiri1211.hatenablog.com