読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

わたしがソーシャルアパートメントに住みたすぎる理由3つ

スポンサーリンク

 

ソーシャルアパートメントに住むメリットとは?

密かに、来年中に家を出ようと思っているわたしがいろいろ調べてまとめてみました。

参考になれば嬉しいです。

1.初期費用が安い

わたしは一人暮らしをしたことがありません。

そのため、家具も家電も揃っていません。

一人暮らしを始めて、冷蔵庫を買ったり電子レンジを買ったりベッドを買ったり…そんなことを考えるとめんどくさくて気が遠くなります。笑

いろいろ揃っているところにぽんっと入りたいんです。

 

ソーシャルアパートメントではほとんどのところが家具付きです。

めんどくさいだけじゃん!という声も聞こえてきそうですが、これは真面目に考えると「お金と時間の節約」になるのではないでしょうか。

あれを買ってこれを買って部屋をこんな風にして…という余裕や楽しみがある人は、普通の一人暮らしの方がいいかもしれません。

他にも、敷金礼金なしだったり、光熱費等が共益費としてまとめられていて料金の支払いが楽だというメリットがあります。

 

2.住むだけで、ひとつのコミュニティに属すことになる

ソーシャルアパートメントに住むと、住むだけで大勢の人と関わる機会ができます。

なんのコミュニティにも属していないという人や、独立して仕事をしている人などは新しい人との関わりがだんだんなくなってくることが多いです。

そういう中で、ただ住んでいるだけで出会いがどんどん増えるような場所であれば、それだけで楽しくなるし勉強になると思うんです。

何も予定がない休日でも、共有スペースに行けば誰かと話ができる、関わりを持てるというのはとても素敵なことだと思います。

 

「でも、いつも誰かといたいわけじゃないよ…」という人もいます。

わたしももちろんそうです。

そういう時は誰でもあるし、共同生活を選ぶくらいだから、そういうこともあると自然に受け入れてくれる人が集まっています。

そんな時は屋上でのんびり一人で過ごしたり、部屋にこもったり、ふらっと近所を一人で歩いたりというのでも全然ありです。

また、リビングを通らないで部屋に行ける構造になっているところも多いので、誰かに会いたい時はリビングを通り、そうじゃない時は部屋にそのまま戻るというのもできるのが従来のシェアハウスにはない魅力です。

 

3.賃料に対して使用できるスペースが豪華

場所にもよりますが、大抵のところがかなり豪華な造りになっています。

コンセプトによってはビリヤード台が置いてあったり、シアタールームがあったり、見ているだけでワクワクします。

賃料は4万円台〜9万円台くらいまであります。

8、9万円くらいになると高いな〜と思うのですが、その分使えるスペースもすごいです。内装もとても豪華です。

ただ普通に一人暮らしして同じ賃料を払うよりも、+αで出会いや共有スペースも手に入れられると思うと、断然ソーシャルアパートメント!と思うのです。

 

ソーシャルアパートメントに住みたい!と思ったら

参考になるサイトを見つけたので載せておきます。

とりあえず来年中にソーシャルアパートメントに移り住もうと思ってます( ´ ▽ ` )ノ

たのしみ!

 

あとがき

 

    

ソーシャルアパートメント魅力的すぎます。
たぶん独立したら、自分から出て行かないと人との関わりがなくなるなあと思っていたところだったので、まさにこれだ!と思いました。
早く住みたいなあ…