読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

肌に優しい日焼け止め2つとおすすめの塗り方

スポンサーリンク

肌が弱い人の日焼け止め

今回は、久々にメイク・スキンケア関連の記事です♩

肌が弱い人におすすめの日焼け止めを紹介します。

 

わたしは肌はもともとあんまり強くないのですが、1年中日焼け止めを使っているからか顔が黒く焼けることはまずありません。

秋も冬も塗るのが普通になってから、夏に多少焼けてもすぐ戻るようになりました。

 

そんなわたしがいろいろ試してきて、これだ!と思ったおすすめの日焼け止めとその使い方を紹介します♡

 

おすすめの日焼け止め【ベース】

ベースというのは、ここでは1年中使うということを指しています。

365日毎日使い続けても肌に負担にならず、でも紫外線からしっかり肌を守ってくれるものです。

わたしは化粧下地でCCクリームを使っているのですが、その前にいつも塗るようにしています。

顔を洗う(水のみ)→ベースの日焼け止め→CCクリームという感じで落ち着いています。

そしてわたしが使っているベースの日焼け止めがこれ♡

f:id:ponzu1211:20150826084922j:plain

SKINAQUA(スキンアクア)の日焼け止めです。

上のリンクのところに「化粧水みたい!」と書かれていますが、まさにこれです!

化粧水と乳液の間みたいな感じで、全然日焼け止めっぽくないところが大好きです。

写真で見てもよくわからないくらい透明で、ちょっと手を傾けると流れてしまうくらい柔らかい感じです。

f:id:ponzu1211:20150826090607j:plain

日焼け止めって結構ザラザラするものが多くて、わたしは苦手でした。

「さらさらタイプ」とか言ってるのにザラザラするじゃん!と思うこともよくあって、すぐ使わなくなってました。

でもこれは大丈夫です♡

 

しかも1年中使うのであれば、そこまでSPFが高いものである必要もありません。

(夏はどうするの?と聞かれそうですが、これについては後で説明します!)

SPFは簡単に言うと「肌が赤くならないための目安」なので、ここは平均的なものとして35くらいでいいかなと思ってわたしは使っています。

 

PAもSPFと似ていますが、こちらは「シミやシワを抑えるための目安」です。

PAが防ぐ紫外線の方は雲やガラスも通り抜ける性質があるので、気が抜けないです。

そしてこのSKINAQUA(スキンアクア)は、PA+++となっています。

高い方に分類されるので安心です。

 

SPFもPAもそこそこ高くて、でもザラザラしていない、日常的に使いやすい、というのがいちばんのポイントです♡

 

おすすめの日焼け止め【カバー】

ベースの次はカバーです!

どういうことかというと、ベースは1年中使いますが、春から夏にかけてなど紫外線が強くなる時期はそれだけでは対応できません。

汗もかくし、落ちてしまいやすくなります。

 

それを防ぐのがこの方法です。

ベースだけでなく、よりカバー力のある日焼け止めを重ね塗りします。

紫外線が強くなってきた頃に重ね塗り、大丈夫かなという時期になってきたらベースのみ、という風に使い分けていきます。

 

わたしがカバー用に使っているのがこれです。

f:id:ponzu1211:20150826090953j:plain

一緒!!と思った方。

そうです。笑 ほぼさっきのスキンアクアと同じです。

ただよく見ると、キャップの色がゴールド・SPFが50になっているのがわかります。

さきほどのスキンアクアと基本は同じで、カバー力が強いバージョンだと思って下さい。

テクスチャはちょっと変わって、さらさら感は変わらず化粧水というよりは乳液っぽくなっています。

f:id:ponzu1211:20150826091547j:plain

春から夏にかけての時期は、以下のように使っています。

まずベースを顔全体に広げて、、、

さらに重ねてカバーします。

特に焼けやすい鼻周り、頰の高いところなどは2回塗ります。

しっかり馴染ませたら、CCクリームを塗ります。

宮崎あおいさんが広告のこのSUGAO(スガオ)も、スキンアクア同様かなり軽い付け心地なので、とにかく重たくないのがいい!という人にはおすすめです。

最後にカバーマークのコンシーラーでクマと鼻周りをカバーします。

指で取ってぽんぽんって感じでのせていくのが良いです( ´ ▽ ` )

あと、このB1の色は「色素薄め・肌が薄い・クマが気になる・血管見える」って感じの人が合うと思います。わたしがそうなので。笑

こんな感じで終了です♡

 

日焼け止めをこういう風に使い分けるようにしてから、1年中日焼け止めを塗るというのが苦痛じゃなくなりました。

「塗るか塗らないか」という選択肢になると「肌を傷めないか傷めるか」になってしまうので、「塗るのが普通で、さらに塗るか塗らないか」という選択肢が普通になってくると良いと思います。

メイクが綺麗にのるようにするためにも、肌の基本の手入れはしっかりしておくと後々良いです♩

 

あとがき


いろいろな会社の日焼け止めを試しましたが、ロート製薬強しです。

効果ももちろんですが、使い心地ってほんとに大事だなあと思いました。