読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

わたしの5年間は異常かもしれないけど幸せだった

スポンサーリンク

f:id:ponzu1211:20160528002513j:plain

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です。

『その異常こそ天賦の才の表れ』という言葉、聞いたことはありますか?

わたしはこの言葉が大好きです( ˘ω˘ )

この言葉は、スティーブ・ジョブズの言葉です。一目見たときからずっと好きで、頭の中にいつもありました。

異常なくらい何かを考えている人、没頭してる人がわたしは好きです。それくらい好きなものを語っているときの表情がすごく好きで、なんの話かさっぱりわからなくても理解したくなるし、聞きたくなります。

もうちょっと詳しく引用すると、スティーブ・ジョブズはこのように言っています。

『自分はおかしいんじゃないかと思う瞬間が人にはある。その異常こそ天賦の才の表れなんだ。』

わたしも、この5年間自分のことを「おかしいんじゃないか」と思って生きてきました。

そして途中でこの言葉に出会って「ああこれでいいのかも」と思い始めるようになりました。

わたしの異常なところ

異常というとちょっと奇妙な言葉に聞こえますが、「自分大丈夫かな」「ノイローゼ気味かな」と思ったことが何度かあります。

わたしが考え続けたこと、それはもちろん「ダイエット」です。

昔別記事で書きましたが、大学1年生のときちょっと大変な彼氏と付き合ってから精神的にも肉体的にもボロボロになり、そこから立て直すまで、かなりの時間がかかりました。

悩みすぎて泣いたり家から一歩も出なかったり、人と関わらなくなったりもしました。わたしは人生で後悔することがほとんどないのですが、この彼氏とのことだけは「あのとき付き合わなければ良かったのに」と最近まで思うほどでした。

でも、その出来事がなければ今のわたしはいなかったと思うから、当時の彼氏には今では感謝しています。

5年間のわたしの毎日の様子を下に書き出してみます。

  • 365日寝ているとき以外ずっと姿勢を気にする
  • 常に正しい立ち方、歩き方、座り方とは何か?を考えながら立ったり歩いたり座ったりしてる
  • 街では他人の立ち方、歩き方、座り方をチェックする
  • モデル体型と太っている人の体型の何が違うのかを写真を見比べて調べる(肩甲骨の位置、骨盤の角度など)
  • ダイエットの常識(食事と運動は絶対など)を疑う
  • 自分の細かった時の感覚と太っている時の感覚を比較する
  • 誰になんと言われても痩せの大食いになる方法をひたすら探る
  • 細い友達の日常動作をひたすらチェックする
  • モデルのウォーキング動画を何百回も見る
  • ダイエット本を100冊以上読む
  • エステ、整体、ジム、鍼灸など何十箇所も通ってプロの話を聞いて参考にする

特に立ち方と歩き方と座り方に関しては、5年間で1日も、というか1時間も(寝ているとき以外は)考えなかったことがありません。

このことに気がついたとき「おかしいかも?」と思いました。

例えばディズニーランドに行っても、たくさん人がいる!姿勢チェックできる!ラッキー!って感じでした(笑)

脚が細い人がいると街中でも歩き方を遠慮なくチェックしたり、友達で細い子がいれば「ちょっと脚触らせて」と言って構造を見させてもらってました。

そして整体師になり、思う存分勉強し、それでも「自分の体を自分でコントロールできる人を増やしたい」と思って辞め、また別の方法を探し始めました。

周りからすると「そんなにダイエットに執着してどうしたの?」って感じだったと思います。

でも、これくらい没頭したおかげで、自分なりのダイエット法を発見するという一つの答えにやっとたどり着きました。

「異常でよかった」と、初めて心の底から感じることができました。

異常なくらい好きなものを見つける

わたしの場合、ダイエットや体のことは好きなものというより「悩みの種」でした。

それも、異常なくらい没頭したらいつの間にか好きなものになって、仕事にまで発展しようとしています。

あなたももし、「おかしいかな?」と思う瞬間があっても、そこで足を止めないでください。

おかしいくらい何かをできるっていうのは、なかなかない経験だと思います。

頭から離れないくらいの何かがある人は、ラッキーだと思います。もしそういったものがなくても、見つけようと努力すればきっと見つかります。

わたしは18歳のときから夢中になりましたが、それよりずっと早い人もいればずっと遅い人もいます。人と比べる必要はどこにもありません。

とにかく、大好きなものを夢中で「異常かも」と感じるくらい追いかけてる人は素敵だし、わたしもそういう人でありたいです。

まだゴールじゃないけど、一つの答えが見つかって5年間を振り返ってたら「自分おかしかったなあ」と思ったので書きました。

これからも異常なくらいのダイエット・美容・健康オタクでいたいと思います!

人生に関するおすすめ記事

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com