読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

わたしがブログを始めた理由ときっかけ。「唯一やれること」がブログだった。

スポンサーリンク

f:id:ponzu1211:20151008125713j:plain 以前少し触れたかもしれませんが、わたしはBTCという期間限定ブログコミュニティに入っています。 未来は変えられるの?というブログを運営している宮森はやとさんが主催です それぞれがそれぞれのブログを伸ばすため、みんなで協力したり突っ込みあったりということをしています。 その中で、今週のお題というのを出していくことになりました。

第一弾のテーマは「わたしがブログを始めたきっかけ」です。早速書いてみたいと思います

ブログを始めたのはちょうど1年前

ブログを始めて1年が経ちました。1年続けて変わったことと思うこと。 - RUKALOGで書きましたが、ブログを始めて1年が過ぎました。 飽きっぽいわたしが1年続けられたのは、ただ単純に楽しかったからだと思います。

では、そもそもなぜブログを始めたのか? きっかけは、新卒で最初に入った会社を辞めたことです。

楽しくないこと、納得のいかないことをやり続けていることに疑問を持って、辞めました。

やりたいことはあったけどすぐに行動に移すのは怖いと思ったわたしは、1〜2ヶ月くらいひきこもりました。 この時、「これやばい。このまま家にい続けて何もしないとか終わってる。やりたいことが今すぐできそうにないなら、できることをやろう」と思い、家でできる仕事で絞っていきました。 そうなると、オークション、せどり、株、FX、アフィリエイト…などが出てくると思います。 この中で、リスクがないもの、つまり元手となる資金がいらないことを条件に見ていったら、アフィリエイトが残りました。 アフィリエイトは、レンタルサーバーを借りたりドメインを購入したりしなければ、赤字になることは一切ない商売です。

そうしてアフィリエイトを選びました。 また、これより同時かその前に、すでに「いつかは体のことに関する仕事をするんだから、自分が今持っている情報をみんなに届けてみたい」とは考えていました。 「ブログでの情報発信と、それを収益化することが今の自分にできることだ」と思い、ブログを始めたのです。 家から出られないけど何かしないといけないという追い詰められた状態で、やれることがブログだったからやってみた、ということです。

納得できることをやれるまで、考えて考えて考える。

納得できないことをし続けなくて本当に良かったです。

常に自分の人生に納得していたいと、わたしはそう考えています。

自分の容姿や中身に納得できなくても、体を変えようと試行錯誤している自分は大好きだし、生き方やライフスタイルについて真剣に考えるようになった自分も大好きです。

会社を辞める以前のわたしと、今のわたしは全然違うと自分で感じます。 前はふらふら〜としていて、口ではいろいろ言いながらも何も行動に移していない、ただ世の中の基準よりちょっと上にいたいみたいな、自分の中に何も持っていない人間でした。 それが、ブログで発信していくにつれて、本当にやりたいことや生き方、どんな人と一緒に生きていきたいか、自分の中で揺らがないものは何かなどとことん自分と向き合って自問自答するようになりました。

会社を辞めた時は何も見えなくて怖くてどうしていいかわかりませんでしたが、結果的にブログを始めるきっかけになり、人生について考えるきっかけにもなり、よかったなと心の底から思います。

ブログを始めていなければ今の自分はない。

1年前にブログを始めていなかったら、今のわたしはいません。 180度違う人間になっていたような気がします。

考え方も性格も一緒にいる人もしたい仕事も、全部違うものになっていたと思います。

きっかけは決して良いものではありませんでしたが、結果的にブログをやることになって本当に良かったです。

    
何かもやもやしたものを抱えている人、家にこもっていてどうしたらいいかわからない人は、ブログを始めてみてください。家に一人でいて世界を広げる手段があるとすれば、それはインターネットです。インターネットで世界と繋がり、情報を発信し、世界中の人と繋がることができます。
あなたが一方的に発信することに、応えてくれる人がきっと現れます。それはこの上なく面白いことです。なんとなくでもなんでもいいので、とにかくブログで情報発信することをおすすめします。この記事が、誰かのブログを始めるきっかけになれば幸いです