読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

2週間で5キロ痩せた場合の内訳ってどうなってるの?落とすべきは「脂肪」!!

ダイエット-ダイエットのコツ ダイエット

スポンサーリンク

f:id:ponzu1211:20160310221824j:plain

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です♩

最近、「痩せる」「体重を落とす」ということについて考えていました。今まで「2ヶ月で5キロ痩せる!」と聞けば「いいなー!痩せたいなー!」と思っていましたが、今は「そんな急に痩せてもな…」と思うようになりました。

前のわたしなら考えられないのですが、「体重はゆっくり落としていけばいいや」と思うようになったんです。そうなった理由と、ダイエットで大切な考え方について書いていきます^^

きっかけは森拓郎さんの本とTwitter

なんだか最近ストーカーかってくらい森さんのTwitter(@moritaku6)を見てるのですが(笑)それくらい勉強になるツイートばかりです。まだフォローしていない人はぜひしてください。

わたしがダイエットについて考え直すきっかけになったのは、森さんの本とTwitterです。

それまでは、「骨盤ダイエットで1ヶ月しないうちに5キロ痩せたことあるし…」と思って、それを期待していたところがありました。

でも、よくよく考えてみたら、あのときはお菓子大好きでもなかったし、和食中心にほどほどに食べるということを体が覚えていたんですよね。

だから、基本的なことができた上で痩せていたのであって、暴飲暴食していても何しても太らなかった、というわけじゃなかったのだと思い直しました。

あの時、一気に体重は落ちたのですが、脂肪はそんなにすぐには落ちません。3日で脂肪が燃える!!なんてキャッチコピーをたまに見ますが、そんなことはありえません。

2日で5キロ痩せた!というのも、脂肪が減ったのではなく、むくみ、つまり水分が減っただけなのです。

このへんについてはずっと違和感を持っていたのですが、森さんの本に出会って腑に落ちました。

本当の意味で「すぐに痩せる」などありえません。少しずつ蓄積した脂肪は、少しずつ減らしていくほかないのです。

筋肉を落としては意味がない。落とすべきは脂肪!!

ちょっと前、ストレスが原因で1週間で2〜3キロ痩せました。それは、ただ単に食べていなかったからです。

たしかに見た目もすこしほっそりしたのですが、食べないで急激に数キロ落ちるのは、絶対に良くありません。

なぜなら、減っているのは「筋肉」だからです。もちろんむくみなども取れた関係はありますが、確実に脂肪は落ちていません。

このとき「あーやっちゃった」と思いました。女性はもともと男性に比べて筋肉がつきにくいし、落ちやすいです。

それを加速させるような「食べない」という行為は、ダイエットにおいてはしない方がいいです。逆効果になります。

落とさなければいけないのは筋肉ではなく、脂肪です。脂肪は1キロ約7200カロリーなので、それが急に落ちるなんてことがありえないのは簡単にわかります。

目指すのは、筋肉量を少しずつ上げていき、脂肪を落としていくことです。

「体重が5キロ減った!」と喜ぶときに、本当に喜んでいいのかを考えてみてください。わたしは結構間違った喜び方をしていたときがありました…

脂肪を減らすことを考えたら、「1ヶ月に2キロも3キロも落とさなくていい。1ヶ月に1キロくらいのペースで、筋肉量を保ちつつ脂肪が落ちればいいな」と思えるようになりませんか?

わたしはこう思えるようになってから、変なプレッシャーがなくなりました♩

今まで通り姿勢を気にしつつ、運動は気が向いたらやって、食生活をしっかり見直して…と続けていって1ヶ月に1キロでも落ちるなら、夏までに4キロは落ちる計算になります。そんなペースでも十分だと思えるようになりました。

筋肉を落とさないようにするのでキレイに痩せることもできるし、きっと肌も髪もツヤツヤになります。

難しいのは「続けること」ですが、習慣を変えることを意識すれば、続けることは苦になりません。

ダイエットのそもそもの意味は「日常の食事」です。ここを変えていくことがゴールで、「痩せる」ことではありません。結果的に痩せたらラッキーですが、痩せることを追い求めたら、それは本来のダイエットとは違う意味になってしまいますよね。

もし今「2週間で5キロ痩せたい!」などと急いでいる人がいたら、それはやめた方がいいです。急いで痩せても、その内訳は脂肪ではなく筋肉の方が多くなっているかもしれません。

ゆっくりでも、確実に脂肪を落として、健康的で細いキレイな体を手に入れた方がいいと思いませんか?

痩せることがプレッシャーになっている人は、ぜひ「自分が急いでいないか?」「筋肉を落としてしまって、逆に痩せにくい体を作っていないか?」と考え直してみてくださいね。

わたしも焦るときはありますが、この考え方を忘れずに、少しずつ健康的に脂肪を落としていこうと思います^^

ダイエットの考え方に関するおすすめ記事

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com