Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

ダイエット、一体何が本当なの?という疑問に答えます。「糖質制限で痩せる」「炭水化物は抜かない方がいい」「脂肪を摂ると痩せる」など

スポンサーリンク

f:id:ponzu1211:20160319183954j:plain

ダイエットに悩む人がこんなにも多いのは、なぜでしょうか?

この間書いた記事についてまた改めて考えていたら、ぐるぐる考え続けて終わらなくなってしまいました。

www.kameyamaruka.com

こんなに多くの人が痩せてキレイになりたがっているのに、どうして決定的な答えがないんだろう?どうして多くの人が失敗するんだろう?と考えていました。
その理由は、単純です。「正しい知識を知らないから」、そして「具体的なやり方がわからないから」です。

たしかに。たしかにそうだなあと思うのですが(自分で書いたから当たり前)、ダイエットが失敗する理由に関してもう一つ抜けていたことに気がつきました。

それは、「人それぞれ違う体を持っている」ということです。

ここが一番大切なのかも、と最近強く思います。

「糖質制限して痩せた」「肉を食べまくっても痩せた」という人もいれば「糖質制限しても痩せない」「肉を食べたら太った」という人もいますよね。

同じように、「炭水化物を抜くと痩せる」と言われていても、「炭水化物を摂るようにしたら痩せた」という人もたくさんいます。ぜひ調べてみてください。

自分の体の傾向や習慣を把握するのは思った以上に難しいです。

今回は、そんなことについて書いてみようと思います( ´ ▽ ` )

何が本当のダイエットなのか?どうしたら痩せるのか?

ダイエットしてる人が知りたいことはただ一つです。

「わたしはどうしたら痩せられますか?」または「わたしはどうしたら理想の体型になれますか?」という問いに対する答えです。

「わたしは」がポイントで、この主語がある限り、その答えを外に求めることはできないと考えています。

答えを見つけるのは自分です。だから、ダイエット指導者や成功したダイエッターさんに対して「わたしはどうしたら痩せられますか?」と質問しても、知ることができるのはその「傾向」でしかありません。

基本的な栄養の知識や効果的な運動のやり方などを知ることはできます。でも、それが自分に合うかどうかは、やってみなければわかりません。

ダイエットについてもう5年も調べてきたわたしですが、その中で絶対的な答えは見つけられませんでした。ただ、ある意味「それ自体が答え」だとも思います。

高校時代、「1分骨盤ダイエット」で痩せました。見た目がガラッと変わり脚も細くなったので、周りの子に「どうやって痩せたの?教えて!」と言われ、もちろん教えました。

10人程度の友達に教えましたが、わたしほど痩せた人(約1ヶ月で7キロ以上、食事はまったく意識せず)はいませんでした。最高でも2〜3キロ。そこでわかったのは、「自分が成功したからと言って、みんながうまくいくわけじゃないんだ」ということでした。

だから、体のことやダイエットが好きで5年も調べてはいますが、自分が「ダイエットについて詳しい!」とは今でも思っていません。どうやっても、他人の体をそのまま知ることはできないので。最終的に自分の体を一番理解できるのは自分です。

このブログで伝えられるのは、もちろんダイエット法もそうですが、「自分で答えを見つけること」「自分の体と心と向き合うことの大切さ」です。

「どうしたら痩せるのか?」の答えを見つける過程こそがダイエットだと言ってもいいかもしれません。

うまくいかないならやめればいい

「じゃあ、その答えをどうやって見つければいいの?」という問いが生まれると思います。

答えはシンプルです。「うまくいかないならやめる」「うまくいくまで探す」。それだけです。

ある方法を試してみて、自分の体を観察する。見た目を観察したり、体重や体脂肪率をたまにチェックしたり。

期間ですが、食生活による変化は2〜3ヶ月待った方がいいかもしれないです。その間に体調を壊したり気分が悪くなったりしたらすぐやめた方がいいですが…

しばらく続けてもうまくいかない、微妙、気分が悪い、なんかダメな気がするなど、何かしら自分で感じるものがあれば、その方法は途中でやめていいと思います。

やめるか続けるかは、自分の判断です。

また、ここで大切になるのが「知識」です。少しの体重の増減に動揺して見た目の変化に目を向けなかったら、あとでもったいないことになるかもしれません。

一つ気をつけてほしいのは、「◯◯ダイエット」と名前のつく方法は選ばないことです。先ほども書いたように、人によって合うダイエットの傾向は変わるので断言はできないですが、「◯◯ダイエット」と名前のつく方法だけはちょっと…とわたしは思います。

ここに書いている通り、極端にやろうとして体調を壊す人がいること、そして一生続けられないものであることが多いからです。

例えば「バナナダイエット」なら、バナナが好きならいいかもしれません。でもバナナがそんなに好きではない人が、無理して食べ続けることができるでしょうか?きっと難しいですよね。

繰り返しますが、「◯◯ダイエット」も傾向として捉えるならOKです。どういうことかと言うと、例えば「フルーツダイエット」なら、「最近フルーツ食べてないしお菓子ばっかり食べてたから、それならフルーツを選ぼう」という具合に。ここで「フルーツだけ食べよう!」となると栄養の偏りが起きるわけです。

このあたりさえ気をつければ、あとはもうすべて自己判断でいいと思います。

「そんな丸投げしないでよ!無責任だな!」と言われそうですが…わたしは「こうすると絶対痩せるよ!!」とブログの読者に意見を押し付けることはできないし、したくありません。

自分の体について考えること。さらには生き方を見つめ直すこと。自分で知識を得て、必要なら必要な場所に足を運び、実際に試してみること。そして体の様子を観察し、体の声を聞こうとすること。

こんな風にして、かつ「健康に、キレイになりたい」という思いさえあれば、きっと自分だけの答えにたどり着けるはずです。

「ダイエット、何が本当のことなの?」「どうしたら痩せるの?」と疑問に思っていた人も、諦めないで自分の体と向き合い続けてみてください!うまくいくまでいろいろ試し、しっくりくる方法を探すことを続けてください。

わたしもゆるく頑張ります♡

ダイエットの考え方に関するおすすめ記事

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com