Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

ダイエットで何が足りないかは人による!だから痩せた理由やタイミングも、個人差があって当たり前

スポンサーリンク

f:id:ponzu1211:20160303160514j:plain

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です♩

最近、ダイエットって難しいなあ…と実感しています。でも、とても楽しいものだなあとも思います^^

奥が深いし、体のことを知るのは面白いです。そう思うのは、人によってダイエットに成功する方法は様々だと思うからです。

「◯◯すれば痩せる!!」というダイエット法の情報は溢れかえっていますが、100人が100人その方法で成功することはまずありませんよね。それが大変なところでもあり、面白いところでもあると思います。

今回は、ダイエットで成功するには?という根本的なことについて少し考えてみたので、ぜひ読んでみてください!

痩せるために何が足りない?

・食事を変えたらみるみる痩せた
・週3回のウォーキングで2ヶ月で5キロ痩せた
・朝食を無理して食べなくなったら痩せた
・夜ご飯を早い時間にしただけで3キロ痩せた 

上のようなたくさんの「痩せた成功体験」を、あなたは何度も目にしてきたと思います。

わたしも毎日ダイエットや体のことを調べているため、痩せた人のブログやダイエット成功体験の記事などはたくさん読んできました。

そこで思ったのが、みんな痩せた理由はバラバラだということです。

もちろん、みんながみんな絶対違うということはありません。「同じようにしたら痩せました!」という人もいれば、「同じようにやってみたけど痩せない…」ということもあって当たり前です。

それは、人によって体は違うからです。「何当たり前のこと言ってんの?」と言われそうですが…わたしはこれは意外と忘れがちなことではないかと思っています。

生活習慣もリズムも食べるものも運動量も筋肉や脂肪のつき方も、人それぞれ違って当たり前ですよね。

なのに、「◯◯ダイエットで絶対に痩せる!」と言われれば飛びつく人が多いのは、よく考えれば不思議なことだと思いませんか?

リンゴ、バナナ、サバ、納豆、様々な食品がダイエットに効くとして紹介されたり、ウォーキングやランニングが大事だと言われたり、運動は必須だと言われたり。

情報が溢れすぎて外に向かうばかりで、「自分の体を知る」という一番大切な内側に向かうことが軽視されているような気がします。

ダイエットで悩む人が多いのも、こうした情報の罠にひっかかっているからではないでしょうか?

とは言っても、上記のようなダイエット方法で痩せる人もたしかにいます。それはどうしてかというと、「その人に足りていないものを補うことができたから」だとわたしは考えています。

ある食材で痩せた人は、それに含まれる栄養素が自分に足りていないものだったから痩せた。運動で痩せた人は、ただ単に筋肉量が落ちていただけで、他の条件(姿勢や食生活など)は揃っていたためにすんなり痩せた。

このようなことが考えられます。

自分の体は、実は自分が一番よく知っている

つまり、自分に足りていないものを補って健康な体を作ることが、ダイエットにつながるんだということです。

例えば、こんな人がいるとしたら、どうしたら痩せるでしょうか?

・運動は適度にしている(毎日通勤で30分は歩く、ウォーキングは週2回程度)
・寝る時間は遅く、常に睡眠不足
・姿勢は家でも仕事中でも常に意識している
・毎日コンビニスイーツなど甘いものを食べている
・ご飯が大好きで、毎食1 〜2杯食べる
・魚も肉もあんまり食べない 

運動量は十分だと思います。姿勢も意識しているなら、このへんは特に心配なさそうですよね。

まずいのは、睡眠不足と食生活。まず、睡眠時間をたっぷり取れるような生活にするだけでも痩せる可能性があります。ここも、その人によって変わるので絶対とは言えません。しかし、可能性は十分あります。

そして食生活は、確実に糖質が多くなっています。甘いもので味覚が狂い、糖質依存症に陥っているかもしれません。ご飯の量が多く、魚や肉などのタンパク質が少ないと、筋肉がつかなくなってしまいます。結果筋肉量が減り、痩せにくい体になってしまいます。

ここで説明したかったのは、「何が自分に足りていないかを知るのが大切」だということです。

上に挙げたような人が「ウォーキングもしっかりしてるし姿勢も気をつけているのに痩せない…」と悩んでいたとしたら、食生活の良くなさに気がついていないことになります。

そこさえ気がついて改善すれば、きっとこの人は痩せます。

問題は、気がついていないということ。または、間違った知識です。食生活に相当無頓着か、「運動していれば大丈夫」と思っている可能性大です。

「気がつかないこと」、そして「勘違い」は、ストレスに次ぐダイエットの大敵です。

実はこうして長々と書いているのは、わたし自身がそうだったからです。姿勢ばかり見ていて、食生活について軽く考えすぎていました。

わたしが大学時代に太った時の出来事を書いたことがあります。その時、毎日ラーメンを食べていた期間がありました。

www.kameyamaruka.com

さすがにそれからは毎日ラーメンなんて食事の仕方はしていませんが、おそらく、その時に糖質過多になったことが特に太った原因ではないかと考えるようになりました。今さらですが、これも「気がついていない」パターンの一つだと思います。

自分の体と、対策していることを、もう一度しっかり見つめ直してみてください。

気がついていないか、勘違いや思い込みでやっていることがダイエットを妨げる原因になっているかもしれません(´-`).。oO

ここは本当人それぞれなので、自分の体をしっかり見てあげてくださいね。クセや習慣、食べ方など、思わぬところで落とし穴があるかもです。

健康がキレイの土台を支える

「わたしに足りていなかったのは食生活の改善かも」と思って、最近ノートに記録しながら変化を見ています。とても楽しいです( ˘ω˘ )♡

高タンパク低糖質を意識した食事は、満足感があっておすすめです。

たまに植物性タンパク質の方がいいと思って肉を避ける人もいますが、肉は満腹感を得るために必要だと思います^^たしか森拓郎さんも、植物性と動物性が1:1くらいになるのがいいと言っていました。だから、肉好きな人もバンバン食べちゃっていいと思います。

一回一回の食事をしっかり摂った方が、間食もせずに済みます。あの甘いもの大好きなわたしも、今は3 日に1回(2日置き)で楽しく続けられています♩

「痩せる」というと、どうしてもマイナスのイメージがついてまわると思います。例えば、体重を減らすのもマイナスってことだし、食事を減らすのもマイナスですよね。

「マイナス」ってなんだか、精神的にも負担になりませんか?わたしはなります( ; _ ; )

だから、今は減らすことはまったく考えなくなりました。それよりも、どうやって足りていない栄養素を増やすか考えたり、タンパク質や「マゴワヤサシイ」の一品を増やしたり、「増やす」ことを意識しています。

他に「増やす」で言えば、筋肉量。この間rinatoに行ったとき筋肉量を測ってもらった(人生初)のですが、圧倒的に筋肉量が足りていないことが判明しました。「同じ身長体重でも、こうやって測ってみると人によって全然違ったりする」と聞いたので驚きました。

栄養素や筋肉量を増やすこと。これがわたしの今の目標です♡

体重がなかなか変わらないというイライラが出てきたらどうしようと思ったので、この間の小森純さんのダイエットについての感想を見てモチベーションを上げました。

www.kameyamaruka.com

こちらの記事も参考にどうぞ。変わらなくても信じて頑張る助けになると思います。

ameblo.jp

最初は変わらなくても、必要な栄養素で満たされて筋肉量が増えれば自然に落ちていきます。そうした意見はたくさんあるし、実際に今体調が良くなってきていて、体が少しずつ変化しているのはわかるので、自分を信じて頑張っていこうと思います!

あなた自身の体を観察して、何が足りないのかを知り、減らすことではなく増やすことを意識するとラクにダイエットできるのではないでしょうか?( ´ ▽ ` )

考え方の参考になれば嬉しいです!

ダイエットの考え方に関するおすすめ記事

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com