読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

足裏の重心は考えなくていい!「正しい立ち方」がわからない人必見

スポンサーリンク

f:id:ponzu1211:20160128012719j:plain

こんにちは^^ルカです♩

今日、電車の中で足裏の重心のことについて考えていたらハッ!!!と閃いたので書いておきます。

以前セミナーを開催した時、「正しい立ち方って結局なんなのかもうわからないんです!!」と受講者さんの一人から言われました。たしかに!!と思います。

筋肉のバランスが崩れていると、どこに重心を置くか、どんな風にバランスを取ればいいか、グラグラしてわからなくなってしまいます。結果体は安定しないので、何をしてもなんかモヤモヤしてうまくいきません。その状態のまま歩いたり走ったりしても、効果は薄いでしょう。

そこで、足裏についてもう一度考えてみました!正しい立ち方がわからなくて心も体もグラグラしている人はぜひ読んでみてください。

脚の細い人に、「どこに体重かけてるの?」って訊いてみた。

脚を細くしたいなら脚の細い人に訊くのが一番だ!!ということで、脚の細い友達にインタビューしてみました。男女3人。 みんな脚が細くてまっすぐですらっとしてます。

まず一人目。脚の細い女友達。すらっとしててモデルみたいな子です。彼女に、「ねえ足の裏の重心ってさ、どこにあるの?」と唐突に訊いてみました。びっくりしてましたが、すぐに答えが返ってきました。

「足の裏の重心?重心…えー!わかんないよ!全部?」

えっ全部?つま先とかかかととか内くるぶしらへんとかないの?と訊きましたが、意識したことがないからわからないそうです。「わからない。強いて言えば全体的に」ってことで質問終了。

二人目。彼女も細い!小柄で脚ほっそ!!って感じです。小さくて可愛らしい感じ。彼女にも訊いてみました。すると…

「そんなの考えたことないからわかんない!」

「…重心とかない?つま先とかかかととか」「ないない!わかんない!それでさ…」とあっという間に流れていきました。足裏。そんなに意識してないものなの?かかとだよ!とかないの?と悲しくなってきました。

三人目。男友達。「ねえ脚細い人に訊いてるんだけどさ、足裏の重心とか意識したことある?」と訊いてみました。今まで訊かれたことない質問だったので(そりゃそうか)戸惑っていましたが、答えてくれました。

「…わかんない。全体かな?」

…みんな同じ答えでした。「わからない」もしくは「全体かも?」って感じで、みんな重心に関してはまったく意識していませんでした。

意識したらわかる、というものではなく、本当にかかともつま先もどちらということはないようでした。

重心を考えると一生うまくいかない

脚の細い友達3人に質問してわかったことをヒントに、いろいろ考えてみました。

結論、足裏の重心は考える必要がない。

足裏の重心を考えるということは、どこか一点に体重を乗せようとすることです。かかとならかかと一点に乗る、つま先ならつま先一点に乗るっていうのは、体の構造的にたしかにおかしいです。

さとう式リンパケアのさとう先生も、「重心ではなく腔で考えろ」といつも言っています。重心を考えることは、上手な立ち方・歩き方への遠回りだとやっと気が付きました。

以下に、足裏の重心のかけ方についていろいろ調べたことをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください ♩

正しい足裏の着地のやり方

rkyudo-riron.com

上のサイトに詳しいことが書いてあるので、一度目を通してみてください。

このとき、足裏はフンワリ、ピッタリと自分では体重をかけていないんだけれども、足裏には圧力がかかっています。これは、首や頭といった部位支えようと踏んばっているのではなく、地球上の重力が足裏にかかっているのです。

足裏は、どこに重心をかけるでもなく足裏全体をピタッと地面にくっつけるといいです。わたしはいっつもヒールを履いていたせいか、普通に立つということができなくなってしまっていました。だから、足裏全体をつけて立つという一見当たり前のことがなかなかできず苦労しました(汗)

ヒールを履いて地面から足裏を浮かせた状態でいた時間が長い人ほど、感覚を取り戻すのに苦労するかもしれません。

でも、何度も自分の足裏に感覚を集中して立つようにすれば、「あ!これか!!」という感覚に出会うことができます^^

コツは、上のサイトにも書いてあるように「ふわっとピタッと」地面に密着させること。これだけでかなり体が安定します。脚も疲れません。腰が痛くなったり肩が凝ったりもしません。いい感じに力が抜けます。

「足裏全体を地面に密着させるイメージ」で立つようにしてくださいね。そしてこれを練習するときは、かならずぺたんこ 靴やスニーカーで!ヒールは我慢するか、持ち歩くようにしてください。その方が結果キレイな脚に早く近づきますよ!

最初は難しいと思うので、無心で目をつぶって5分くらい立ち続けてください。奇妙な光景ですが、集中すると早く習得しやすくなります。

 

足裏についての考察でした^^

「脚の形が悪いなー」と思っている人は、余計な筋肉がついている可能性大です。というかほぼ100%そうです。一度筋肉のつき方を整えなければいけません。

ヒールでおしゃれを楽しむのもいいですが、本当にキレイなまっすぐな脚を手に入れたいなら、地面にしっかり足の裏をつけて立つ練習をしてみましょう。

わたしも頑張ります!最後まで読んでいただきありがとうございました♩

 

足裏の重心・立ち方に関する記事

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com