Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

毎日板チョコ1枚食べてたわたしが甘いものを食べたくなくなった方法

スポンサーリンク

f:id:ponzu1211:20160408221556j:plain

2月末から本格的に「甘いものをやめよう!」と決めて1ヶ月間ある方法を試した結果、見事に甘いものへの執着がなくなりました。

毎日「今日の甘いものは何にしよう〜♡」なんて考えていましたが、今では甘いものがなくても全然気にならなくなったんです( ˘ω˘ )

きつい我慢もせずやめられるおすすめの方法なので、以下のような人はぜひ試してみてください!

こんな人におすすめ
・甘いものが大好きだけど無理なくやめたい
・チョコレートやケーキ、アイスが大好きでやめられない
・あまり我慢はしたくない

どうして甘いものをやめようと思ったのか?

甘いものには、たいてい「砂糖」が含まれています。

砂糖は、体にたくさんの悪影響を及ぼします。「甘いものを食べると疲れが取れる」と言う人がいますが、急に上がった血糖値はまたガクンと下がり、乱高下を繰り返します。

血糖値が安定しないと、太りやすくなります。

また、肌荒れしたり、イライラしたり、冷えたりむくんだり…とその影響は計り知れません。

わたしもその影響を実感していたため、やめようと考えるようになりました。

甘いものは嗜好品です。たまに楽しむためのもので、毎日食べるようなものではありません。

甘いものを食べ過ぎている人は注意です。

砂糖の恐ろしさについては、こちらの記事もご覧ください。

甘いものを食べたくなくなる方法

実はわたしは前にも「砂糖断ち」を行ったことがあります。ですが、そのときは「とにかく甘いものは食べちゃダメ!」と制限をきつくしていたため、反動が来てまたもとの食生活に戻ってしまっていました。

今回は、2ヶ月目に突入してももとに戻っていません。

毎日板チョコ1枚、ケーキ、アイスなどと甘いもの食べ放題のわたしでしたが、それでも1ヶ月あれば50〜60%やめられます。

それをまた1ヶ月、2ヶ月、と繰り返していけば、甘いものがあんまり好きではなくなってくるはずです♡

ではいよいよ、具体的な方法を紹介していきます!

ポイント1:甘いものは3日に1回(2日おき)にする

前回の甘いもの断ちで「失敗だったなー」と思ったのは、急に100%やめようとしたことです。

長い間続けてきた習慣を急にすべてやめようとすると、絶対に反動が来ます。

だから、作戦として「絶対に食べない!」と決めるのではなく「3日に1回は食べてもオッケー♡」というルールにしました!

これが思った以上に良かったです。

甘いものを食べた日は満足し、次の日は「昨日食べたから満足」と思い、その次の日に食べたくなっても「明日食べられるから今日は我慢!」と思えます。

3日に1回もきつい!という人は2日に1回でも大丈夫です。

1ヶ月30日間、3日に1回なら20日は甘いものを我慢できたことになりますし、2日に1回でも15日は我慢できたことになります。

今まで毎日食べるのが当たり前だった人は、1ヶ月目は2日に1回、2ヶ月目は3日に1回とだんだん日にちを空けていくのがおすすめです( ´ ▽ ` )ノ

わたしは3日に1回でもたまに「ツライ…」と思うことがあったので、無理せずに行ってください。

毎日食べていたのが月の半分になるだけでも十分です!

ただし、3日に1回のお菓子の「内容」にちょっとだけ工夫を加えてください。

ポイント2&3を参考にどうぞ♡

ポイント2:カロリーゼロのお菓子は食べない

これはわたしの考えですが、カロリーゼロのお菓子は避けた方がいいです。

もちろんそれで満足できるなら良いのですが、カロリーゼロのゼリーやお菓子は人工甘味料が使われているため、今まで砂糖に慣れていた人にとっては満足感の低いものになると思われます。

だったら、いっそのこと3日に1回はしっかり砂糖を摂ろう!とわたしは考えました。

わたし自身、カロリーゼロのものを食べてもなんだか満足感が低く、ますます甘いものが欲しくなってしまったので、個人的にはあまりおすすめしません。

ポイント3:コンビニお菓子の代わりに高級なものを「当日」買う

3日に1回の甘いものでおすすめなのは、「高級なもの」です♡

前々から興味のあったちょっと高めのケーキ屋さんに行ったり、1粒数百円するチョコレートを買いに行ったりします。

高級なものなら「良いもの食べた!」と思えるし、実際原材料も質の良いものを使っていることが多いので、心も体も満足します。

また、これを買うのは必ず「甘いものの日当日」にしてください。わたしは2日おきにやってくる甘いものを食べていい日を「甘いものの日」として、当日にその日食べる甘いものを買うようにしていました。

買い置きは絶対ダメです。冷蔵庫にあると、つい食べてしまうことになります。

必ず、「甘いものの日当日に高いものを買うこと」を心がけてください!

ポイント4:タンパク質を多めに摂る

甘いものを食べない代わりに、タンパク質を多めに摂るようにします。

魚、肉、卵、大豆などを中心に食べてください。

タンパク質は、体を作る大切な栄養素です。現代人は炭水化物ばかり摂ってタンパク質が不足する傾向があるので、タンパク質をしっかり意識してください。

こうした栄養不足が解消されると、不思議と甘いものへの欲も薄まっていきます。

「甘いものが欲しくなるのは栄養不足」だという説もあります。

満たされない栄養素を甘いもので埋めようとしても無駄です。自分の体が本当は何を欲しているのかを見破れるようになってくださいね!

そのための第一歩が、タンパク質を補うことです。

ポイント5:適度にお米も食べる

ダイエットなどでは特に避けるべきものとして挙げられる「炭水化物」ですが、お米は適度に食べることをおすすめします。

白米でも玄米でもいいので、まったく抜くというのはやめてください。

わたしも、久々に白米を食べたら体調が良くなったということがありました。

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

適度なら、とっても素敵な栄養源になります。

【追記:2017年1月8日】

最近「寝かせ玄米」というものにハマっています! 玄米が苦手だけど、どうせ食べるなら栄養豊富な方がいい!という人はぜひこちらを試してみてください👇

まとめ

このポイント1〜5を地道に「1ヶ月」続けると、2ヶ月目からは甘いもののことを考える時間が少なくなります。わたしが今その状態です。

2日おきに甘いものの日がやってくるたび、だんだんその甘さを強烈に感じてくるようになります。

わたしも月の中頃には「うわ…あまっ!!」と感じるようになってきました。

しかも、コンビニお菓子などの変な甘さのものを抜いて質の高い良いものを食べていると、味覚が早く整っていきます。

また、もっとできる人は、普段の食事を和食中心にすると良いです。薄味に慣れると、2日おきの甘いものがものすごく強烈に思えます。

1ヶ月が過ぎ、わたしに起きた変化はこんな感じ♡

・肌荒れがなくなった
・色が白くなった 
・冷えがなくなった
・コンビニなどでチョコレートを見ても買いたくなくなった
・「どうせ食べるなら質の高い良いものを」と強く思うようになった 

この調子で2ヶ月目も続けていきたいと思います!

甘いものをやめられなくて悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね\(^o^)/

参考になれば嬉しいです!

食生活改善関連のおすすめ記事

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com