Rukalog

正しい姿勢で脚痩せしよう→るかろぐ。美容・健康・ダイエット・体の仕組みを知ることが大好きなルカのブログ♡

お菓子や甘いものの間食がやめられないのは、栄養が足りていないから

スポンサーリンク

f:id:ponzu1211:20160313021631j:plain

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です^^

このところ、甘いものをほとんど食べていません。「3日に1度」として一応ルールはありますが、それも「高くて質の良いものを少し」と意識しているので、量は確実に減りました。

「よく我慢できるね」と友達に言われることもあるのですが、最近は「我慢」も「努力」もわたしの中にはありません。

もちろん多少抑えようと思う気持ちはありますが、「くうううう食べたいいいいい!!!めちゃくちゃ食べたい!!でも我慢!!!!」みたいなのはありません。

この間、わたしがふと「食べたいなあ…」とつぶやいたらかわいそうに思ったのか、家族が買ってきてくれた(笑)チョコレートが冷蔵庫にありますが、それを目にしても食べなくて済んでいます。

それはたぶん、栄養で満たされているからなんだと思います。バランスよく食べて、量を減らしたりは特にしていません。

そのおかげか、お菓子や甘いものを前ほど「食べたい」と思わなくなりました。

出岡美咲ちゃんと谷川りさこちゃんの一言で…

わたしが何か考え始めて実行するときには、何かしらきっかけがあります。

お菓子や甘いものの間食に関してヒントにしたのは、大好きなモデル、出岡美咲ちゃんと谷川りさこちゃんの一言でした。

出岡美咲ちゃんのブログを読んでいたとき、ダイエットに関する記事がありました。その中で、「昔は甘いものが大好きだったけど、今はあんまり好きじゃなくなった」という一言がありました。

「好きだったものがあまり好きじゃなくなるってことは、味覚が変わったってことだよね?特別我慢しなくても、自分の体が『甘いものを受け付けない体 』になればいいんだ!」とヒントを得ました。

谷川りさこちゃんはSカワのダイエット雑誌で、「3日に1度食べてたお菓子も、痩せてくごとにあまり食べたくなくなった」と言っていました。

さらに、森拓郎さんのこの一言。

f:id:ponzu1211:20160313022159j:plain

「そうか!細くてキレイな人はひたすらに我慢しているんじゃなくて、習慣とか食べるものを変えて、それが当たり前になるようにしているんだ」ということがわかったんです。

いつも「食事改善が食事制限にもつながる」と書いていますが、そう思うようになったのもこうしたことからなんです。

その人にとっての当たり前を変えるのは、確かに容易ではないかもしれません。

でも、少しずつ工夫して変えるだけでも、長い目で見れば大きく変わります。出岡美咲ちゃんも谷川りさこちゃんも、1年くらいかけてゆっくり変わっていきました。

そうしていつの間にか、「細くてキレイな人の習慣」が自分のものになれば、誰だってそうなれると思うのです。

間食をやめたいなら、減らさず増やせ!

本題です。お菓子や甘いものがやめられないのは、栄養が足りていないのが根本的な原因です。

しっかり体が必要な栄養素で満たされていれば、余計な食べ物を欲しなくなります。

昔、細くてキレイな友達の家に呼ばれてご飯を食べたことがあります。薄味の和食が出てきて、なんとなくその友達がキレイな理由がわかった気がしました。彼女はお菓子も食べないし、家にそもそもありません。

でも食べるときはしっかり食べるし、周りからもよく食べる認定されています。それはきっと、「食べるべきときにきちんと食べる」ということが普通になっているからなんだと思います。

実際、その友達は食べるときは食べるけど、いつも食べるわけではありません。間食を勧められてもお腹が空いていなければ断るし、それが当たり前のようでした。

こんな風に、食べてるのに細いように見える友達も、「本当に必要な栄養素をたくさん摂っている」だけなのかもしれません。たしかに多少の体質の差はあるかもしれません。でも、近い体質になることは絶対に可能だと思うのです。

そこでわたしが提案するのは、間食をやめると同時に、普段の食事を変えて、「増やす」ことです。

「増やす?!そんなの太るよ!やだ!」と思う人もいるかもしれません。たしかに、太ります。しかし、それは一時的です。

普段の食事を増やすと、満足感が違います。間食したくなるのは食事に満足していないからで、栄養と量両方の面で体を満たすことが必要になります。やみくもに減らすのは絶対いけません。間食してしまう根本的な原因を解決しましょう。

だから、間食をやめる!と決意すると同時に、食事内容を見直して、できれば増やします。そうして栄養で体を満たし、量でも満足できるようになってくると、間食しなくても平気な習慣が身についていきます。

そうした習慣が身についてから、少しずつ量を調整していけばいいんです。

わたしはいまこの段階にいます。間食をやめる代わりに、栄養を考えて自炊して、満腹になるまで食べました。

そうしていると、「お肉食べ過ぎたな」とか「魚中心の方が体が軽い気がするな」とか、「お味噌汁は必須!満腹感が違う!」などいろいろ見直した方がいいところがさらに出てきます。

この段階から量を調節していっても全然遅くないです。栄養素はきちんと満たされているので、筋肉量が増えて痩せやすい体を保つことができます。

何より、お菓子や甘いものを減らすときのストレスがまったくと言っていいほどありません。

食事量は増えるし満腹だし、甘いものは別になくても平気だなーと思えるようになります。

間食をやめる!というと、「いつもの食事−間食」となって、減った気がするのでツライんですよね。その代わりに、いつもの食事に+して、その分間食を減らせば全体の量は減りません。

わたしはずーっと甘いものが好きで、チョコレート食べないなんて考えられない!と思っていましたが、この方法だとわりとすんなり甘いものを食べない生活に移行することができます。

まだまだ「食べたい!」と思う瞬間はたまにあるので、3日に1度のペースを保って続けていって、「別にいらないな」と思ったらもっと頻度を減らそうと思います。

お菓子や甘いものがやめられなくて困っている人はぜひ参考にしてみてください♩

食生活に関するおすすめ記事

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com

www.kameyamaruka.com